インプラント・入れ歯

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療
虫歯や歯周病、事故によって歯を失ってしまったとき、あるいは先天的な欠損がある場合、インプラントによって機能性・審美性を高いレベルで回復することができます。
当院理事長は、30年以上インプラント治療に携わってまいりました。インプラント治療のすばらしさだけでなく、その難しさを知るからこそ、安全性にこだわり抜きます。
2013年には、理事長の“夢”であった坂根歯科クリニックを開設。当院では、デンツプライ社の公認の歯科医院として、現在も多くの方に安全なインプラント治療を提供しております。

クオリティを優先したインプラント治療

安全な手術

坂根歯科クリニックでは、オペライト、清潔な環境を備えた専用のオペ室をご用意しております。また、CT、滅菌システムも完備しており、安全なインプラント治療に万全を期しています。
※坂根歯科クリニックは、坂根歯科診療所から歩いて1分の位置にございます。
所在地:〒617-0833 長岡京市神足1-9-20

高品質インプラントをご用意

理事長が公認インストラクターでもある「アンキロスインプラント」、世界No.1シェアを誇る「ストローマンインプラント」、新しい表面構造により強固な安定を実現する「ザイブインプラント」から、患者様のお口・お身体に合ったものを使用します。

事前のCT検査

事前のCT検査
インプラント治療の成否の鍵を握ると言っても過言ではないのが、CT検査です。
インプラントを正しく埋入するためには、その埋入先となる“顎の骨”の健康状態を詳しく知っておく必要があります。
当院では、インプラントをご希望の方には必ずCT検査を受けていただきます。立体画像から得られる詳細な情報が、インプラント治療をより確かなものとしてくれます。

シムプラントガイドを導入

シムガイド

シムプラントガイドにより、正確なドリリングとインプラント埋入が可能になります。

  • 補綴主導の計画と外科手技との間に関連性が形成されます
  • 予知性の高いインプラント手術が可能になります
  • 手技の侵襲性を最低限に抑えることができるため、術後の疼痛や腫れが軽減し、治癒期間が短縮します
  • 術中または術後に予想外の不快な事態に遭遇することがなくなり、歯科医や患者さんのストレスを軽減できます
  • 手術時間が短縮されます

静脈内鎮静法を導入

全身麻酔導入薬や鎮痛剤を投与し、半分眠ったような状態で手術を受けていただけます。
手術中は、痛みや恐怖を感じることがありません。

手術には複数の歯科医・歯科衛生士が立ち会い

より高い安全性・確実性を確保するため、複数の歯科医・歯科衛生士が立ち会い、手術をサポートします。

患者様に合わせたインプラントの術式

顎の骨の状態によっては、「インプラントができない」と言われることがあります。確かに、どうしてもインプラント治療ができない症例は存在します。ただ、そのことで入れ歯やブリッジを選択せざるを得ず、使用感や見た目にご満足いただけない方が多くいらっしゃることもまた事実です。
当院では、経験豊富な歯科医が、お一人おひとりに合った特別な術式で対応することが可能です。全てインプラントではなく数本インプラントを埋入し入れ歯をささえ、安定させることも可能です。また、当院は抜歯即時埋入といわれる術式で歯茎を切らないで行うインプラントも実施しております。
1582076755658_1500
シムプラントガイドを導入。
  • GBR

    顎の骨の量が不足していると、そこに埋入されるインプラントもしっかりと安定することができません。GBRにより骨造成を行うことで、インプラント治療を可能にします。

    ¥100,000(税抜)

  • スプリットクレスト

    顎の骨の高さ、幅が足りない場合に、埋入箇所の隙間を押し広げながら、確実にインプラントを埋入する方法です。

  • ソケットリフト

    上顎の骨が不足している場合に、骨補填材でその高さを補い、その上の空洞(上顎洞底)を押し上げ、骨が形成されてからインプラントを埋入します。

    ※上顎洞の押し上げは、「ピエゾボーンサージェリー」という超音波医療機器を使用します。以前はハンマーで叩いて押し上げられていたため、患者様の精神的・肉体的ご負担も多大なものでした。この超音波医療器を使用することで、硬い組織だけを限定的に切断し、より安心・安全な上顎洞底の押し上げが可能になりました。

    ¥100,000(税抜)

  • サイナスリフト

    上顎の骨が極端に不足している場合に行います。上顎洞のサイドから歯ぐきをめくり、上顎洞を持ち上げます。持ち上げたことによってできたスペースに、骨補填材を入れて骨を作ります。

    ¥200,000(税抜)

  • 無切開手術(フラップレス)

    コンピュータによるシミュレーションによって、最適なインプラント埋入を誘導するガイド(サージカルステント)を事前に作製することで、歯ぐきの切開・剥離・縫合を省略することができます。
    出血、術後の腫れや痛みも少ないため、患者様にとってメリットの大きい方法ですが、お口や顎の骨の状態によっては、適応とならないこともあります。

  • 抜歯即時埋入インプラント

    歯を抜く処置と同時にインプラントを埋入する方法です。身体が傷口(抜歯箇所)を治す働きが盛んなため、インプラントの身体への適合が良好です。
    また当然ながら、インプラントを埋入するために改めて歯ぐきを切ったりめくったりする必要がないため、患者様のご負担も軽くて済みます。
    ただし、顎の骨の量が不足している方、重度の歯周病の方には行えないこともあります。

  • インプラントオーバー義歯

    インプラントオーバーデンチャーとは、インプラント手術によって顎の骨に埋めいれた2~6本のインプラントで入れ歯を支持する治療法のことです。
    入れ歯が顎の骨にしっかり支持されるため、食事や会話の途中でずれたり、外れたりしにくくなります。また、場合によっては、現在ご使用の総入れ歯を継続してお使いになることも可能です。部分入れ歯の場合は入れ歯のバネが少なくでき、前から見えるところにバネをかける必要が無くなる場合があります。

 

入れ歯

入れ歯も、どこで作っても同じということはありません。
歯科医の豊富な経験、ハイレベルな技術を持つ技工士との連携、そして入念なカウンセリングによって、より使いやすい入れ歯をお届けします。
保険の入れ歯以外にも、精密な自費診療の入れ歯も多数ご用意しております。現在使用している入れ歯に気になるところがあるという方も、お気軽にご相談ください。
見た目、耐久性、フィット感、咀嚼力――カウンセリングでは、患者様のご希望・お悩みを、そのままお話しいただければと思います。

レジン床入れ歯(保険適用)

レジン(歯科用プラスチック)で作る入れ歯です。健康保険が適用されるため、費用を抑えて作製することができますが、ある程度の厚みがありますので、違和感・異物感が生じます(個人差があります)。

金属床入れ歯

土台部分を金属で作る入れ歯です。薄く、快適にご使用いただけます。金属故に熱をしっかりと伝えてくれ、食べ物や飲み物の温度を感じながら味わうことができます。
コバルトクロム、チタンといった金属床をご用意しております。

ソフトデンチャー

ソフトデンチャー​
歯ぐきと触れる部分に、弾力性のある素材を用いた入れ歯です。入れ歯を使用しているときに痛みが気になるという方に特におすすめです。
土台部分は、金属、レジンからお選びいただけます。
歯ぐきと触れる部分に、弾力性のある素材を用いた入れ歯です。入れ歯を使用しているときに痛みが気になるという方に特におすすめです。
土台部分は、金属、レジンからお選びいただけます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
部分入れ歯につきものだった、金属のバネがない入れ歯です。歯ぐきにぴったりフィットして安定します。

コーヌスクローネ

残存歯数本に土台(内冠)を取り付け、それらに合う外冠を含んだ入れ歯を取り付けます。入れ歯が残存歯を包むような構造になりますので、安定性に優れます。

アタッチメント入れ歯

さまざまな種類の部品を活用し、「カチッ」としっかり着用できる入れ歯です。いずれの入れ歯も、留め具が外から見えるようなことはありません。
  • バーアタッチメント

    残存歯に金属の土台とバーを取り付ける一方で、入れ歯側にはバーを挟むクリップがついています。バーがクリップにはまることで安定します。

  • ミリング

    被せ物を取り付けた歯を固定源として、入れ歯を装着します。最初から被せ物と入れ歯をセットで設計することで、調和のとれたお口を再現します。

  • マグネット

    残存歯の根っこに金属の部品を、入れ歯側に磁石を取り付け、磁力で安定を得る入れ歯です。強力な力で、ズレはほとんど起こりません。

  • キー&キーウェイ

    “凸”と“凹”に加工された部品によって安定を得ます。キー&キーウェイは、さまざまな場面に応用のきく技法です。

  • O(オー)‐リング

    残存歯に“凸”となる部品を取り付け、入れ歯側の“凹”に差し込んで安定を得ます。ちょうど、スナップボタンのような構造です。

  • ロケーター

    2本のインプラントに、ボタンのような金具で入れ歯を取り付けます。インプラントという強い固定源があるため、しっかりと噛むことができます。

ソフトリライニング加工も可能

歯ぐきにあたる部分にやわらかい素材を用い、使用中の痛みを和らげる加工を行うことも可能です。

マウスピース作製

スポーツ時の食いしばり、就寝時の歯ぎしりから歯や歯ぐき、顎関節を守るマウスピースを作製しております。型取りを経て作る、ぴったりフィットするマウスピースです。
用途に合わせて作製します。

歯の不調を感じたら
まずはご相談ください

当院は予約制※土曜日は18:00まで

診療時間 日・祝
10:00~13:30
15:00~20:00

075-956-5252

pagetop